So-net無料ブログ作成
検索選択

週刊誌『AERA』12月8日号 は「犬ビジネスの闇 」 [お知らせ]

aera20081208.gif
週刊誌『AERA』12月8日号 に、以下のような記事が特集されています。

<初の実態調査>犬ビジネスの闇 二酸化炭素で窒息死の現場ルポ 悪質ペット業者「売れ残り犬」を保健所へ 犬流通ルート解明 年11万匹殺処分


『◆業者が持ちこむ殺処分

環境省によると2006年度、全国の地方自治体に収容された犬は14万2110匹。
うち11万2690匹が、新たな飼い主が見つからず、殺処分された。
なぜこれほど多くの犬たちが捨てられ、殺されなければいけないのか。

本誌では、実態をつかむため、
飼い主が行政機関に犬を捨てる際に提出する
「犬の引取申請書」の情報開示請求を主な自治体に行った。
そこから浮かび上がったのは、流通システムにひそむ闇の深さだ。』

AERA
<<http://www.aera-net.jp/summary/081130_000509.htmlより抜粋>>

この「犬の引取申請書」の分析に、
地球生物会議ALIVE代表 野上さんとともに、
「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」管理人もお手伝いさせていただきました。

大きなテーブルの上一杯に山積みされた
「犬の引取申請書」、それは、飼い主による自治体への”処分依頼”です。
そこに書かれた身勝手な飼い主の理由に、
暗澹たる思いにかられました。

また、明らかな「業者の持ち込み」も多数見つかりました。

まさしく、「金儲けの道具」としかみていない人々。
そして、終生飼養のできない無責任な人々の山でした・・・。

もし反応が大きければ、第2弾、第3弾と特集に取り組んでくださると思います。
ぜひ、皆さん買いましょう!!

週刊誌 『AERA』
犬ビジネスの「闇」

記事が少しだけ読めます。

トラックバック(0) 

トラックバック 0

スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。