So-net無料ブログ作成
検索選択

民主党 生方幸夫衆院議員と面会 [国会議員]

2009年11月16日(月)に、第2衆院議員会館で、ALIVEの野上さんと一緒に、民主党の生方幸夫議員に面会させていただくことができました。

091116ubukata1.jpg

今回の面会では、2007年4月10日から「動物愛護管理法の実効性を求める署名・実行委員会」で行った「動物愛護管理法の改正を!〜動物虐待への対策強化を求める請願」署名活動のご説明にあがりました。

091116ubukata3.jpg

また「プロジェクトZERO」で作成した資料でも、最新のデータなどをご提示し、犬猫の殺処分問題の解決策について、お話させていただきました。

生方議員は、犬猫の殺処分をなくしたいと願われている国会議員さんで、民主党内にそうした問題を扱う「議連」を立ち上げたいと思っていらっしゃるそうです。

091116ubukata4.jpg

091116ubukata2.jpg

ただ、面会の後に、以下のようなニュースが流れました。

*******************
民主、議連改革にも着手=政策決定への関与ルール化 11月16日21時3分配信 時事通信

 民主党は16日の役員会で、「議員連盟のあり方検討チーム」(座長・伴野豊副幹事長)の設置を決めた。現在の議連活動に対しては「政府の意思決定に不透明な形で介入し、政策をゆがめている」との批判もあり、各種議連の政策決定への関与の仕方をルール化することを目指す。
 同チームでは、党所属議員が参加する約400の議連を検討対象とし、似通った議連や活動実態のない議連には統廃合を促す。また、政権交代後も野党議員が会長を務めている超党派の議連については、会長を民主党議員に交代するよう求めることも検討する。
*******************

今後、生方議員が考えていらした「議連」がどうなるのか、大変気になるところですが、「議連」のあるなしに関わらず、松野頼久議員のようなご活躍もありますし、本気でこの問題に取り組んでくださる議員の方の出現は、私たちとしてはとても心強いものです。

生方議員には、今期中に「動物愛護管理法」の見直しもありますので、ぜひ頑張っていただきたいと思います。

皆様も、生方議員に応援のメッセージを送ってくださいね![わーい(嬉しい顔)]

[ひらめき]生方幸夫衆院議員のサイト

トラックバック(0) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。