So-net無料ブログ作成
動物虐待 ブログトップ
前の10件 | -

那覇市漫湖公園猫虐待・遺棄事件について ご協力のお願い [動物虐待]


那覇市漫湖公園猫虐待・遺棄事件についてご協力のお願い

2009年7月11日、琉球新報において、
『野良猫、無残な死骸 昨年から20匹超被害』というタイトルで
那覇市漫湖公園猫虐待・遺棄事件が記事になりました。

↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-146962-storytopic-98.html

 2008年2月ごろから、那覇市古波蔵の漫湖公園内で、
虐待を受けて殺されたとみられる野良猫の死骸(しがい)が相次いで発見されている。
死骸は鋭利な物で首元を刺されていたり、頭部がないものや、
妊娠中の猫が腹を引き裂かれて体内から子猫が取り出されるなど、
異常な状態で見つかっている。
動物愛護活動に取り組む特定非営利活動法人(NPO法人)「動物たちを守る会ケルビム」や、
有志で金を出し合って去勢や避妊手術を施す女性らによると、
同公園内で被害に遭った猫は、記録しているだけで20匹以上。
ケルビムは、6月に那覇署に告発状を提出した。
 被害状況が確認できたのは、08年は3件、09年は7件。
一度に複数の死骸が見つかることもあり、7月4日には4匹の子猫の死骸が見つかり、
うち1匹は右前足がちぎりとられていた。
ケルビムは、死んだ猫の発見時の状況を写真で記録している。
 2、3年前から野良猫を見守ってきた女性(55)は
「来るたびにまた猫が死んでいないか心配。
生きているのを見て安心する」と心を痛めている。
 同公園の猫に起因する問題は数年前から。
以前から猫を捨てる人が後を絶たず、野良猫は住宅のごみを荒らしていた。
那覇市環境保全課には猫のふんや発情期の鳴き声のうるささなどの苦情が寄せられる。
そのため、猫を嫌う人もいる。
こうした中、猫の変死の問題も浮上してきた。
 動物を殺した場合は1年以下の懲役または100万円以下の罰金、
捨てても50万円の罰金に処せられる。
告発状を受け、那覇署は再発を警戒しつつ、事件性の有無を調査している。
 ケルビムの中村吏佐代表理事は「責任感のない飼い主が原因で猫は野良になり、
周辺住民の迷惑になってしまう。
さらに心ない人の虐待で殺される。
動物を飼う意味と責任を考えてほしい」と求めた。
 ケルビムは那覇署に猫の虐待の取り締まりを求める署名を集めている。
アドレスは
http://cherubims.ciao.jp/
(嘉陽拓也)

↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆

ということで、「動物たちを守る会ケルビム」さんのサイトで
署名を集めていらっしゃいます。

http://cherubims.ciao.jp/activities/chiikineko/manko.html
署名の第2回締め切りは、9月末だそうです。

 皆様のご協力をお願いいたします。m(__)m


トラックバック(0) 

毛皮のことを知ろう!! その2 [動物虐待]

先日、「毛皮のことを知ろう!!」を記事にしましたが、今日はその第2弾です。
地球生物会議ALIVEさんがYouTubeにアップされている動画です。
ぜひご覧ください。




トラックバック(0) 

毛皮のことを知ろう!! [動物虐待]


先日、息子と冬用の上着を買いに、庶民御用達(?!)の衣料品店へ行きました。ずらりと並んだ服を次々とスライドさせながら、息子は「これも駄目、これも駄目、これも駄目・・・」


なぜ駄目かというと、そのどれもにファーがあしらってあるのです。[もうやだ~(悲しい顔)]

さすが我が息子よ!偉いぞ!!と、内心喜びながらも、改めてこの庶民派衣料品店の品々にもファーがあふれていることを見せつけられ、大きなため息が出てしまいました。(1点1000円とか、上着だって3000円とかのものです)

「ねーー!皆さん、毛皮がどんな風に生産されているか、知ってます???」

「もしかして、あなたの愛犬、愛猫と同じ、犬や猫の毛皮だってあるの、知ってます???」

小声で、ぶつぶつつぶやいてしまいました(^◇^;)
すみません。。。大声で言う勇気がなくて・・・[たらーっ(汗)]


教えてくれるサイトがあって、私たちは知ることができるのだから、ちゃんと知りましょう!
毛皮の現実を!

知らないことで、多くの命を残虐に扱っていることに手を貸してしまうなんて、嫌ですよね?

-- 犬がコートにされるまでの課程 ---「毛皮はいらない連絡網」さんのサイトに飛びます。

-- 猫がコートにされるまでの課程 ---「毛皮はいらない連絡網」さんのサイトに飛びます。




そして、黒イルカさんのサイトで、じっくり毛皮のことを勉強することもお勧めです。
黒イルカさんは、こう書いておられます。

「!…毛皮なんて高価な物には縁がない、そんなことはありません…!
安いからってフェイクファーとは限りません。
お手ごろ価格でリアルファーが使われている商品は山とあります。

千円ポッキリのラビットファーバッグ、1900円のセーターにあしらわれたファー、3900円のラクーンファー付コート 等…
フツーのスーパーの特売品に使われているファーも、本物です。
いまや100円ショップでも毛皮製品が売られる時代なのです。
「安いから本物じゃない」と考えるのは尚早。タグを確認してみてください。
本物と認識すらされないで消費されている、使い捨てにされるファー製品
どんなに安いものでも動物を殺して作っていることに変わりはありません。」

↓クリック

banner_fur3.gif


こちらのサイトでも現実を直視しましょう!



2005年、あまりに驚いた現実はこちら・・・。

furfordog.jpg

この年、この情報を目にした時のショックは大きく、自分の愛犬かわいさに、虐殺されたきつねの毛皮を着せて「かわいい~~~~!!」とか言う人間がいるのだろうか??と、背筋が寒くなる思いでした。


パピーミル(子犬繁殖場)の問題にも通じるのですが、私たち消費者・購入者の無知、思考のストップが、地獄の日々を送り、残虐に殺される動物たちを増やすのです。

必死に情報を集め、知らせようとしてくださる方々がいます。
知ってください!!m(__)m


こちらのブログ、興味深く拝読しました。

ノラ猫たちとさまよったボクの仏教入門 86
86 動物実験⑱  山田太一と毛皮


トラックバック(0) 

「違法情報等対応連絡会」が意見募集中:「インターネット上の違法な情報への対応に関するガイドライン(案)」へ [動物虐待]

本日の記事は転載OKです。 ただし、記事の改変はなさらないでください。m(__)m


ネット業界の4団体が、 「違法・有害情報への対応等に関する契約約款モデル条項」への意見募集中!   締め切りは11月21日
http://www.telesa.or.jp/consortium/Illegal_info/20081022_press.htm

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」には、
某掲示板や、HPなどにおいて
動物虐待の画像が貼ったり、動物虐待の様子を書き込む人間が
たくさんいる、という情報提供が多くあります。

先日も、猫をサランラップのようなものでぐるぐる巻きにした画像を
アップしている日記がある、というご相談を受け、
警視庁にその画像と共に資料を提供しましたところ、
直々に警視庁の担当の方からお電話をいただきました。

担当の方のお話によりますと、
このような情報はたくさんたくさん寄せられていますが、
プロバイダーの協力を得るのも困難な時も多く、
なかなか犯人特定が難しい、ということでした。

もちろん、そうは言っても努力はします、とはおっしゃっていましたが。

さて、そのような状況の中、
インターネット上における違法行為、有害情報などへの規制も求められてきたわけですが、
このたび、
社団法人電気通信事業者協会
社団法人テレコムサービス協会
社団法人日本インターネットプロバイダー協会
社団法人日本ケーブルテレビ連盟
の4法人からなる「違法情報等対応連絡会」が、
『「インターネット上の違法な情報への対応に関するガイドライン(案)」等
に係る意見募集』
を始めました。

これは、電子掲示板の管理者やウェブサーバの管理者等が、
違法情報に対して適切かつ迅速な対応を行うことができるよう、
違法情報等対応連絡会が策定している、
「インターネット上の違法な情報への対応に関するガイドライン」を
改訂しようというものです。


この改定案の中に、(禁止事項)として、
(14)人の殺害現場の画像等の残虐な情報、動物を虐待する画像等の情報、
その他社会通念上他者に著しく嫌悪感を抱かせる情報を掲載し、
または不特定多数の者に対して送信する行為

という項目が入っています。
(16)には、
「(16)その行為が前各号のいずれかに該当することを知りつつ、
その行為を助長する態様又は目的でリンクをはる行為」
という項目も入っています。


産経ニュースによりますと、
現行では「人の殺害現場の画像等の残虐な情報」を不特定多数に送信する行為」
という項目だったところを、
「動物を虐待する画像等の情報、その他社会通念上他者に著しく嫌悪感を抱かせる情報」
という文章がつけ加えられたということです。

また、
「「犯罪や違法行為に結びつく、またはそのおそれの高い情報や、
他者を不当に誹謗中傷・侮辱したり、プライバシーを侵害したりする情報を、
不特定の者をして掲載等させることを助長する行為」という項目も新たに作られた、
ということですから、
動物虐待は、「犯罪」であり、罰則のある「法律違反」なのですから、
動物虐待に結びつくような、またはそのおそれの高い情報を
不特定の者をして掲載等させることを助長する行為も、
「契約約款モデル条項」の(禁止事項)に入れようとしていることは、
ネット上の動物虐待問題を取り締まって欲しい私たちにとっては、
嬉しい改定案と言えるのではないでしょうか?


というわけで、今回のネット業界4団体「違法情報等対応連絡会」の
パブコメに、ぜひ皆さんも意見を送ってみませんか?


大阪市の仔猫虐殺事件 [動物虐待]

大阪市阿倍野区内の駐車場で
立て続けに仔猫が3〜4匹殺害される事件が起きました。

この事件につき、最寄りの警察に届けた方がいらっしゃいますが、
警察では『飼い猫ですか?』と言われ
「野良猫です」と返答すると『現行犯ではないし証拠がないから』と
取り合って貰えなかったそうです。

この件につき、賛同者のmomoさんが
ブログで皆さんの協力を訴えておられます。
ぜひ、ご覧ください。

http://momo0130kuu.blog95.fc2.com/blog-entry-20.html

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」では、「動物虐待事件」をなおざりにすることの危険を訴え、
以下のようなチラシを作成、ダウンロードして配布できるようにしています。

stop_gyakutai2008.jpg

また、詳しい説明資料も作成・ダウンロードできるようになっています。
以下のページをご覧いただき、ご活用ください。

http://www.animalpolice.net/siryo/index.html

トラックバック(0) 

沖縄糸満市、NPO法人による飼育放棄虐待 [動物虐待]

「沖縄タイムス」の2008年6月25日(水) 朝刊 27面に、「動物放置で立ち入り/糸満のNPOに対し県など」という記事が掲載されたのはご存知ですか?
以下のような内容です。

2008年6月25日(水) 朝刊 27面

動物放置で立ち入り/糸満のNPOに対し県など
 動物と触れ合うアニマルセラピーなどの活動をしていた糸満市の特定非営利活動法人(NPO)で飼育されている犬などの動物が、病気にかかったまま放置されている恐れがあるとして、県と糸満市、糸満署が二十四日、同団体の施設を立ち入り検査した。確認が取れた十二匹の犬の健康状態が悪く、そのほか、飼育されている馬や牛にも栄養不足が見られた。
 また、狂犬病の予防接種をした際に交付される「注射済票」が確認できず、狂犬病予防法に違反している可能性もあるとみて県などが調べている。

 県動物愛護管理センターによると、犬十二匹の中には、体毛がほとんど抜け落ち、カビが原因の皮膚病などの感染症を併発している可能性のある個体も見つかった。牛二頭、馬三頭、ヤギ一匹についても、やせて栄養状態が悪かったという。

 同団体は、動物たちとの触れ合いや不登校児の自立支援などを目的に二〇〇〇年にオープン。代表の女性らによると、四月ごろからは経済的に運営が厳しくなり、同施設での活動を休止しているという。

 女性によると、四月ごろから犬の毛が抜け始めるなどの症状が出始め、一匹は動物病院で診察させたが、ほかの数匹は薬局で購入した軟こうを塗るなどの処置を行ったという。女性は「動物虐待ではない。朝と夕方に二回餌をやりに来ている。こうなってしまい犬たちには申し訳ない。これからどうするか行政と相談していく」と話した。

 県薬務衛生課によると、〇六年六月に施行された改正動物愛護管理法に伴い、動物との触れ合いを目的とするアニマルセラピーなどには登録申請が必要となったが、同団体は申請していなかったという。

*******以上、「沖縄タイムス」の記事より

このニュースを読んだ時、いったいどういうことなのだろうか、詳細が知りたい、と思いましたが、このたび情報を寄せてくださった方がいて、経緯がわかりました。


080703okinawa.jpg

以下、akaneさんのブログをご紹介させていただきます。

続きを読む


多摩センター動物病院の悪徳獣医師に業務停止3年の処分くだる! [動物虐待]

「お知らせメールNo.248」送信しました。
ご確認ください。

*******************
サイト更新情報!!
多摩センター動物病院の悪徳獣医師に業務停止3年の処分くだる!
**************************************
nousuisyo.jpg

あまりにも酷い獣医師の事件ですが、業務停止3年とは・・・・。
免許剥奪にできないことが信じられません。
「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」サイト内コンテンツ「動物たちの現実・動物虐待事件」に、この事件を扱った報道番組を紹介しましたので、ご覧ください。

http://www.animalpolice.net/genjitu/tamacenter/index.html

飼育放棄虐待事例_case1 [動物虐待]

「お知らせメール」送信しました。
ご確認ください。

****************
更新情報!!
飼育放棄虐待事例_case1

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」サイト内コンテンツ、
「動物たちの現実・動物虐待事件」に、
『飼育放棄虐待事例_case1』をアップしました。

この事例は2004年3月の出来事で、
「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」の初期からの賛同者の皆様は、
リアルタイムで見守ってくださった「ラブちゃんSOS」をまとめたものです。

その後、次々と新しいことに追われ、まとめたくてもまとめられないまま(__;)、
4年もの年月が過ぎてしまいました。
サイトの引っ越しやリニューアルなどで、
いつの間にか当時のリンクも切れてしまっていましたので、
このたび過去のファイルを元に、
アニマルポリスが欲しい!と現愛護法には不備がある、という事例として
まとめなおしました。

当時をご存知の方も、初めての方も
ぜひご覧ください。

http://www.animalpolice.net/genjitu/file01_love/index.html
case01_b_s.jpg

山口県下関漁港で子猫の死骸発見、全部で100匹超か [動物虐待]

大変驚くニュースがありました。

山口県下関市の下関漁港で100匹を超える子猫の死骸(しがい)が見つかった、というのです。

続きを読む


nice!(0) 

フェレット虐待で罰金50万円 [動物虐待]

フェレットを虐待する動画を掲示板にアップしていた男が4月11日に神奈川県警に逮捕されましたが、4月20日に、動物愛護管理法違反で、罰金50万円の略式命令が出されました。

続きを読む


nice!(0) 
前の10件 | - 動物虐待 ブログトップ
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。