So-net無料ブログ作成

8月31日発売「週刊誌 AERA」犬の問題特集3回目! [本の話]

※本日の記事は転載OKです。ぜひ広めてください。

2008年12月8日と2009年4月6日(月)発売の「週刊誌 AERA」では、犬の問題が特集されました。

2008年12月8日号では『犬ビジネスの闇』、2009年4月6日(月)号では『犬の殺処分問題』が記事になりました。

その時の記事については「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」のブログ記事を参照ください。

http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2008-12-02
http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2008-12-04
http://animalpolice-net.blog.so-net.ne.jp/2009-04-03


そして、このたび、第3回目になる犬の問題の特集が、
8月31日発売の「週刊誌 AERA」に掲載されます。

その内容は、編集部の太田さんによりますと、

「ドイツのティアハイムという動物保護施設や
犬の保護に関する法律を現地で取材し、
「犬にとって天国のような」状況をリポートしております。
一方で、ドイツとは対照的な
「地獄のような」日本の現状についても取り上げました。
営利なのか非営利なのかあいまいな「捨て犬保護施設」を称する
一部の業者・団体を取り上げ、
そこに保護された犬たちの悲惨な状況について書いています。
日本において、ドイツのような取り組みは不可能なのか。
動物愛護に携わっている皆様、
関係行政機関の方々に是非ともご一読いただき、
その可能性を探っていただければと考えています。」

とのことです。

ぜひお買い求めください。


トラックバック(0) 

週刊ポスト:「ペットを〈無責任に〉ガス室に送るな!」 [本の話]

今週発売の週刊ポスト

ペットを〈無責任に〉ガス室に送るな!」熊本市愛護センター「いのちの問答」〈現場ルポ〉

という記事が掲載されています。

hyousi_post.jpg

当サイトを訪れてくださる皆さんはよくご存知の熊本市愛護センターが取材されています。
記事を読むと、センターで殺処分0を目指す職員さんの気持ちが胸に迫ってきます。



「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」サイト内の熊本市愛護センターの記事は以下になります。

生存率77.7パーセントを達成した動物愛護センター 熊本市動物愛護センター


トラックバック(0) 

『命の教室 動物管理センターからのメッセージ』 [本の話]

inotinokyousitu.jpg


本の紹介
「命の教室 動物管理センターからのメッセージ」
池田まき子 著



2009年7月11日 読売新聞に次のような記事が掲載されました。

↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆↓◆
秋田:早期退職の元県職員、動物病院を開院
犬や猫の安楽死立会い

 捨てられる犬や猫たちの殺処分に立ち会い、
命と向き合ってきた元県職員が11日、
秋田市に動物病院を開く。
県を早期退職し、獣医師として現場に立つ、
その胸には、「捨てられる命を救いたい」という思いがある。
(飯田真優子)


つづきは、
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/akita/news/20090710-OYT8T01251.htm
でどうぞ。。。



(2009年7月11日 読売新聞)


↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆↑◆

この記事に登場する秋田県動物愛護センターの活動については、
昨年テレビでも放送されました。

自民党「どうぶつ議連」の馬渡龍治衆議院議員のブログでも
記事になりました。

_____________________
http://blog.mawatari.info/?eid=647284
2008.05.23 Friday
「命の教室」
執筆者 : 馬渡龍治

秋田県動物愛護センターが昨年の秋から
県内の小・中学校や高校において出前授業の「命の教室」を開催しています。

動物管理センター今年春に退職したHさんはいままで多くの安楽死を見続けてきました。
自らが犬の調教を勉強し、犬たちに躾をした後、里親探しを続けてきたそうです。
退職後もこうした活動に積極的に参加して、
ご自身の知識と技術で命の大切さを広めたいと希望しているようです。

「どうぶつ議連」の木挽司代議士が先月の議連事務局長会議のあと、
「動物愛護センター」の職員が
学校でこどもたちに命の大切さを教えているのを会館の部屋のテレビで見たというので、
さっそく探してみてHさんであることがわかりました。
うちのスタッフのYさんが探し当ててくれましたのです。

昨日、Hさんの活動を知ったばかりなので面識はないですが、
「学校獣医師制度」を創設して、主に初等教育の過程において、
適正などうぶつの飼養を通じて「命の大切さ」を学ぶ機会を作りたいという私の思いに近いです。
こんどチャンスがあれば「どうぶつ議連」総会に出席していただいて、
その活動報告と課題についてお話いただけたらいいなと思っています。

_____________________

そして、このたび、岩崎書店から、
秋田県動物愛護センターの取り組みが、
『命の教室 動物管理センターからのメッセージ』という本になって
出版されました。

http://www.iwasakishoten.co.jp/products/4-265-04283-X.html
『命の教室 動物管理センターからのメッセージ』
池田まき子 著
対象年齢 小学校中学年 〜 中学生向け
価格 1260円(税込み)/本体1200円+税
ISBN 978-4-265-04283-8
判型 A5判 22.0×16.0
ページ数 152頁

◆本の内容◆
動物管理センターで、捨てられた多くの動物たちが「処分」されているという現実。
センターで働く職員たちは、このつらい実態をきちんと知ってもらいたいと願った。
「命の教室」—そこには、動物の命だけでなく、
自分自身の命の尊さにも目を向けてほしいという、
センターからの命のメッセージがあふれている。

◆目次◆
秋田県動物管理センターの仕事
二十年前の殺処分
保坂さんからのメッセージ
しつけ方教室とパートナー犬
センターにやって来た犬のチョコ
「心臓の音、聞こえますか」
チョコとふれあう子どもたち
「命」の詩
保坂さんの退職
坂本所長の義足
センターの取り組み
坂本所長の新たな挑戦


ぜひとも皆さんに読んでいただきたい本です。




トラックバック(0) 

月刊誌『Voice』7月号「ペット29万頭の命を守れ!(竹内薫 著)」 [本の話]

諸事情により、ブログの更新が2ヶ月近く滞っていました(^_^;)
久しぶりの記事のアップです。

PHP研究所から出版されている月刊誌『Voice』の7月号(6月10日発売号)に、科学作家の竹内薫さんが、「ペット29万頭の命を守れ!」というテーマで、8ページにわたって執筆されています。

voice0906takeuti.jpg

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」でも大変お力添えをいただいている竹内薫さんですが、今回は、民主党の松野頼久議員、環境省、現場の保健所・動物愛護センターなどへの取材をされて、原稿を執筆されています。

ぜひ、『Voice』をお買い求めになって、ボイス編集部へ感想を送ってくださいね。

http://www.php.co.jp/magazine/voice/


トラックバック(0) 

4月6日(月)発売の週刊誌「AERA」犬の殺処分問題について特集!! [本の話]

昨年の12月8日発売の週刊誌「AERA」では、
『犬ビジネスの闇』が特集記事になりました。

このたび、4月6日(月)号ににて、
再びAREAで「犬の殺処分問題」が記事になります。

以下、アエラ編集部の太田氏からいただいたメールです。
太田氏にご許可をいただきましたので、
ご紹介させていただきます。


_________________________

お世話になっております。朝日新聞アエラ編集部の太田です。
前回からずいぶん時間がかかってしまいましたが、
犬の殺処分問題についての記事を4月6日(月)発売の号で掲載致します。
 
今回は、まず茨城県の定時定点収集を取材し、
この制度が存在することで安易な捨て犬を生み出している問題を指摘しています。
前回集計した「引取申請書」の理由の欄を再集計し、
どの犬種がどんな理由で捨てられたのかも明らかにしました。
さらに、安易な捨て犬の背景には、安易に購入する飼い主の存在があります。
そんな「衝動買い飼い主」を生み出すペットショップの販売手法にも踏み込みました。
特に移動販売の罪悪について触れ、主催者であるテレビ局などにも見解をただしています。
また野田聖子消費者行政担当相にインタビューし、
「ペットショップには厳しい規制が必要」と発言していただいております。
写真は、某自治体で殺処分機の中の様子の撮影に成功しましたので、
その悲劇的な様子を大きく掲載しています。
 
今回の記事以降も引き続き、この問題の取材を続けていく予定です。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

朝日新聞アエラ編集部・太田匡彦

_________________________

ぜひ、ご購入ください。

 

 


トラックバック(0) 

週刊誌『AERA』12月8日号 買いました!特集:「犬ビジネスの闇」 [本の話]

皆さん、週刊誌『AERA』12月8日号、もうご覧になりましたか?私はコンビニを2軒回ったのですが、見つけることができず、駅のキオスクで買うことができました。第2弾、第3弾を特集してもらえるように、http://www.aera-net.jp/latest/の下の方にある、「アエラにコメントをする」から、ぜひコメントを送ってくださいね。

aera081208.jpg

<追記>2008.12.6

こちらもご覧ください。


犬ビジネスの「闇」流通システムが犬を殺す」という特集が6ページに渡って特集されています。

●業者が持ち込む殺処分
●ペット店の悲惨な現実
●行政もつかめない流通
●親離れと犬の問題行動
●商品にしか見えない犬
●殺処分ゼロ熊本の挑戦

トラックバック(0) 

「奇跡の母子犬」いよいよ出版! [本の話]

book_kisekinohahakoinu.gif

いよいよ「奇跡の母子犬」が出版され、全国の書店に並びます!!(*^。^*)

☆ゆみ☆さんのブログを拝読して、思わず私も・・・(T.T)
http://plaza.rakuten.co.jp/xinunekox/diary/200805120000/

明日から書店を回って「奇跡の母子犬」をさがしてみます。
もちろん買います!!(*^_^*)
そして、友人・知人に勧めます!

皆さんも、ぜひ購入してください。
印税は全額「みやざき動物のいのちを守る会」と
「ノイジー基金」へ寄付されるそうです。
保護活動への貢献と、啓蒙活動の一石二鳥ですね♪

香山リカ著「イヌネコにしか心を開けない人たち」内の間違い [本の話]

2/2に偶然知ったのですが、
香山リカ著「イヌネコにしか心を開けない人たち」という本の中に、
上記画像のような「日本にもアニマルポリスを」という項がありました。

続きを読む


『ZAITEN』2007年12月号 の紹介 [本の話]

『ZAITEN』2007年12月号では、ペット関連の特集が満載です!
多くの方に読んでいただき、関心を高めてもらいたいものです。

そして、特集の中の動物行動学研究家&ジャーナリスト 堀明氏が書かれた「犬を壊す「日本型流通システム」の不備」の中では「アニマルポリス」のことについても言及してくださっています!(*^_^*) 堀さん、ありがとうございました!

皆さん、ぜひ『ZAITEN 12月号』を買いましょうね!

以下は、雑誌の特集内容について紹介です。

続きを読む


本「犬は「しつけ」で育てるな!」堀明氏 著作 [本の話]

「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」の賛同者登録もしてくださった、
堀明さん(ジャーナリスト、作家、写真家、動物行動学研究家)
※公式サイトは、http://www.es-project.net/panthera/
から、堀さんの書かれた「犬は「しつけ」で育てるな!」という本を
5月にサイン入りでプレゼントしていただきました(*^。^*)

私には、なかなか読書する時間がなくて、
申し訳ないことに、
ちょっとずつ読み進めて、ようやく昨日読み終えることができました。

その感想です・・・。

続きを読む


スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。