So-net無料ブログ作成
検索選択
海外の動物情報 ブログトップ

HSUSのビデオ [海外の動物情報]

ぴかりぃさんのブログで知りました。
アメリカHSUSが、今年の活動の成果をビデオでまとめているものだそうです。
見たら、なんか感動してしまいました。[かわいい]



トラックバック(0) 

アメリカ「ノーキル(殺処分ゼロ)」を巡って [海外の動物情報]


「日本にアニマルポリスを誕生させよう!」サイトにて、
次のページをアップしました。

CONTENTS 海外の情報>>アメリカ「ノーキル(殺処分ゼロ)推進センター」所長
Nathan J. Winograd氏の「敗北主義的な思考の呪縛から身を解き放って」の紹介
http://www.animalpolice.net/kaigai/nathan/index.html

日本における保健所、動物保護(愛護)センターにおいて、
収容された動物たちの殺処分がゼロになる日の実現は、
どうしたら可能になるのでしょうか?
それとも、そのような願いは夢物語なのでしょうか?

アニポリ賛同者の皆様は、きっと保健所や動物愛護保護センターで
殺処分される犬猫を「0(ゼロ)」にしたいとお考えだと思います。
しかしながら、その実現への道は険しく、不可能では・・・という想いに
諦めと絶望感に襲われたことのある方もいらっしゃると思います。

殺処分ゼロ、つまり「ノー・キル」を巡っては、
国内でも様々な動物愛護団体・個人がその実現を願い、活動をしていますが、
困難を極めています。

アメリカにおいても同様です。
アメリカでは、毎年7〜8百万匹の犬猫が収容され、
そのほぼ半数にあたる400万匹ほど(我が国の10倍以上!)が
殺処分となると言われています。

そのような実情の中、
ノー・キル達成は困難を極め、殺処分を容認せざるをえないのだという意見、
殺処分ゼロを目指すことへの批判的とも言える意見さえ、
有数な動物保護運動の団体を始め、
現場で活動する人々の中からも発せられています。

続きを読む


海外の動物情報 ブログトップ
スマートフォン専用ページを表示

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。